2010年 04月 26日
MAがMAたる意義
 考えてみるとマキシマムアタックってのは、元来『全てのプレイヤーが協力して撃破数を稼ぎ、パネルを開く事で共通報酬を狙う』クエでしょう。
 そこにマガシ抹殺仕様の敵が出てくるってだけでおかしな話ですし、ムーン不可仕様までついてくる。

 【撃破数貢献したいのに難易度が高くて出来ない】

 これは明らかに矛盾してます。気付いてはいましたが、MAというイベントではなく、言われたように「1クエ」として私は捉えてたようです。


 『ウェブ開いて撃破数チェック→次のパネルはなにかな~?とワクワク』

 をしなくなった(出来ない)のも、イベントの意義を忘れていた1つかも。
 そういえばキリ番や個人撃破ランキングも楽しみでしたね。MA2は廃プレイで凄い上位だったぁ……ランクに食い込むためヤザンさんとまわりまくったものです。


 私の事はさておき。



 前回のMAで不思議に思った事があって、難易度が2つしかなかった事です。

 全プレイヤー参加イベントであるなら、低~高レベルまでが遊べる「難易度の幅」が必要ですよね。
 前回の敵は最低LV50~、今回は105~と、イベントなのに敷居が高い。これは先のスキルの問題以前の話です。
 MAではありませんがJUMP降臨も最低敵LV105~。
 『もう新規はほぼいないから、2つの難易度でいいでしょ』なのかな?やはりC~Sまで区切って欲しい気がします。
 LV30差経験値補正もあるし、そもそも『受諾LV100~、敵LV180~』はさすがにバランスとれないでしょ。


 あとMAXは交換報酬もマゾ過ぎます。


 これらの混乱の根底には、間違ったレアアイテム配信の仕方があるようにも思うのですが…。


 昔からですかね?f^_^;
 そうだった…セガは昔から極端な調整だったよね…。レアばら撒きも…。デイライトスカー…。orz



 やはりMAは(どうでもいい報酬でもw)いっぱいのパネルを撃破数で開くイベントにつけて欲しい名前だなー、と改めて思ったのでした。
[PR]

by far_gaia | 2010-04-26 22:09 | PSO・PSU


<< とうとう明かされるルフィの過去      MAX……二階建て新幹線が先に... >>