2010年 05月 26日
Music :OML 019 Sacrifice Part Three(聖剣伝説3)

 *今回は調子に乗りましてバトル曲4曲同時に更新しております。良かったら4曲とも聴いてみてください。


 ラストを飾る4曲目は独特の存在感を放つ『聖剣伝説3』の楽曲よりラスボス曲の1つ『Sacrifice Part Three』です。


 『聖剣伝説3』は6人の主人公からメイン主人公を選ぶシステムになっており、その選択によってラスボスが3種類の中から決定されます。今回の曲はデュラン・アンジェラのボス:紅蓮の魔導師 との戦闘になります。


 さて、前回の『子午線の祀り』を聴いた後にこれを聞いて『え?この音源なの?クオリティ下がってない?』と思われた方、正解です。



 『聖剣伝説3』は前作のようなハイクオリティを目指したものではありません。前作は追求した結果、アクションゲームにも関わらず全トラックをフルに使い、エフェクト音と競合してメロディが落ちざるを得ない事もありました。
 そこで『聖剣伝説3』ではSFC同時発音8トラックの中からアクションエフェクトを専用トラックに振り分け(プレイヤー&敵に各1、計2トラック)、残りの6トラックで楽曲を製作しているのです。

 6トラックというのがどんな割り振りか、簡単に説明すると
 ・旋律
 ・副旋律
 ・和音(3)
 ・ドラム

 これで終わりです。いや、SFC時代で言えばこれしか出来ないのです。

 そのためにノイズ気味の音色で厚みを感じやすくしたり、アルペジオ(分散和音)で1トラックでありつつも和音を表現出来るようにしたりと、『聖剣伝説2』とは違ったアプローチの試行錯誤があったようです。サントラのライナーノーツも興味深い内容ですよ。



 このサントラの思い出といえば、初めて「ゲームをする前に買ったサントラ」でしょうか。
 『聖剣伝説2』のサントラに感動して、3が出たら絶対買おうと思っていた時、なんとゲームが発売する前にサントラが文真堂書店に売っているではありませんかッ!!(ゲーム発売日9/30:サントラ発売日8/25)

 そりゃ即効買って聴きましたよ。
 そしてビックリしました。だって、音の質は下がってるんだもの…。

 最初は受け付けなかったのですが、ゲームをやり、サントラも何度も聴くうちに大好きになりました。^-^

 お勧めは『Meridian Child』。またいつか紹介しましょう。

 

 と、有名どころばかりですがいかがだったでしょうか?
 ここまで付き合ってくださった方、有難うございました。m(_ _)m
[PR]

by far_gaia | 2010-05-26 16:46 | Music:OML


<< Music :ZUMBA 00...      Music :OML 018 ... >>