2006年 08月 04日
世界を動かす小さな歯車
事前参考文献
 ■「ハイランド」(当ブログ記事)
 ■第二幕 <喫茶店ハイアームズ>(ZANさんのブログ)(必読)


-パイオニア時間5/30 23:12 パイオニア2ラボ-
 「チーフ、プラント内のDフォトン活性率が急上昇してますが……。このままの状況で進めば大変な事態になるのでは?」
 「ラグオル地表及び遺跡内部、先日の隕石落下地点の監視役にも非常事態宣言、同時に調査の通達も出しておけ。あと各エリアのDフォトン限界キャパシティ到達までの詳細な時間も早急に割り出しておく事。」
 「はっ!……しかし今回はプラント…」
 「いいから命令を聞け。
 (じきにすべての場所で始まるのだからな。まったく手間をかけさせる…あとは…)」



-パイオニア時間7/14 03:56 地下洞窟 通称「滝ノ間」-
 「いやー、さきに着ていましたか」
 「ああ、待たせるのは好きではないんでな」
 「はは、キッツイ事おっしゃるわぁ。で今回はですね……」
ジャキッ。
 「!?どうしたんですか!こっちにいきなり銃を向けるなんて!!!」
 「では説明してもらおうか」
 「な、なんの事でっしゃろ!!?」
 「とぼけても無駄だ、最近クジと称して商売をしてるそうじゃないか。まあそこは問題じゃない。
 問題は、『お前が複数人いる事』だ、コレン」


 ――
 
 そうやって俺はある情報を手に入れた。もっとも、前から取引をしていた中に『コレン』がいたからこれだけ早く分かったのだが。それによると、そいつはある者から『コレン』という身分のみを買ったという事で、今回の件とはまったく関係ないものだった。だがそのID証は明らかに本物の工程を踏んでおり、「本物の工程を経て作られた『偽のID』」だった。ならばなぜ、こんなIDが存在しているのか。また、そのIDを持つ(であろう)人物が、突如として大勢出始めたのか。そこまでして得たいものは……。

 それから俺は暫く何日か考えていた。バックが分かってもその目的が不明。一体こんなに大量の資金が何に必要なのか。
 その時ふと、ある報告を読んで全てが繋がった。

 「……おいおい、こんな事なのか?^^;だがちょっと時期がずれてるしなぁw」



-パイオニア時間7/25 21:37 喫茶店「ハイランド」-
 「あ”-またなにもくれなかった…うぐぅ…もうお薬いらねいよぅ」
 「まあ、ラッフィだからかもしれないけどね?^-^」
 「おいおいフィロよ、そう虐めてやるな。」
 「お!珍しく天災さんがいいこといった!!!!」
 「『天才』だ!」
 「それはそうとアニキ、ご飯まだー?」
 「……(フィロ&ウィケッド)」

 「まったく、本当にただ飯を食う気でござるな、あ奴は。なあマスター。」
 窓際の4人テーブルで『コレン』についてのグチを言ってる彼らを見ていたかと思うと、こちらに振り向いて、カウンターに座ったZANさんは言った。
 「まあタダじゃないですけどね。知ってるでしょ?w それに毎日じゃないですし。どうせ他の日は他の人の家にいってるんでしょうねぇ。」
 「本当、6-5の飼い犬になりつつあるでござるな……迷犬め」
 「ん!ゴザルなんか言ったか!コラ!!」
 「お手」
 「ワフッ」
 「十分でござろう?」
 「……」

 そんなZANさんの腕に噛み付いて「切れない!」とわめくラッフィを横目で見つつ、俺はウィケッドさんに目をやっていた。どうやらあの人もコレンを試してみてはいるが全然でないらしい。にしても、世の中というものは、いろんな事象が絡み合って出来ているものだ。どこに運命の歯車が隠れているかわかったものではない。だが、意外な行動をする人ほど、その歯車を動かす力を持っているのかもしれない。
 「『D因子研究所』、か……」
 「ん?マスター。我がチームの所属機関がどうかしたか?」
 「いえいえ、なんでも^^」

 そう言いながら俺は、自分でも1杯のコーヒーを飲み干した。



-パイオニア時間8/3 14:02 パイオニア2ラボ:MA4本部-
 「チーフ!ガル・ ダ・バル島海岸、Dフォトン活性率急激上昇!80%を超えました!」
 「至急ハンターズを緊急招集!海岸に全員まわせ!!」
 「チーフ、緊急回線です」
 「繋げろ」
 「チーフ、BPから資金要請がきています。フォトンクリスタルからの武器生成が不安定で追いつきません!!」
 「クッ…、資金はちゃんとくれてやる。だから精度を上げ、且つ早く武器生成をしろといっておけ…あ、コレンの分も忘れるなといっておくんだぞ」
 そんな様々な命令を、次々に立ったまましている自分に気付いたように、ドカッと腰をおろして一息つくことにした。

(ふう……・。これからのカード生成技術の研究費のためにとコレンを作ったというのに、完璧にMA4の資金調達場所になってしまったぞ。それ以外に溜め込んでいた資金も殆どをMA4にまわさなければならなくなってしまったし。これからコレンで稼ぐとしても、カード技術の為の資金として回せるのは随分先になりそうだな……。それにMAの報酬武器やコレンのための武器生成もままならない。くっ、なんでアイツは意識のないままふらふらと全エリアを巡ってくるか……今度徹底的にオシオキしてやる……。)

 ――

 熱い夜はまだ続く。


記事参照後:必読
 ■ケアレスミス(ウィケッドさんのブログ)
[PR]

by far_Gaia | 2006-08-04 20:28 | PSO・PSU


<< 電気代がかさむ      丸刈りでグラサン >>