2006年 09月 09日
ワイルドアームズと私:EX01 WAと特撮
 今回は予定を変更しまして、EXとして特撮とワイルドアームズの関係についてちょこっと話したいと思います。一番関わってくるのはWA2になっちゃいそうですけどね。^^;

 さて、ワイルドアームズではしばしば特撮ヒーロー物の影響を、演出、敵モンスターデザイン、などに見られる。その中で一番の影響があったのが、今月7周年を迎えた「WILDRAMS 2nd IGNITION」である。その例を挙げてみよう。


 ■主人公の変身
 WA2では主人公が異形の者へ戦闘中変身出来る。(負を内包しての変化というところでは、アメコミに近いヒーロー像なのかもしれない。デザインもヒロイックなものというよりは、少しモンスター寄り)。また変身するとレーザーブレードが使える。(ギャバン等のメタルヒーロー的な要素)

■2ndのみにあるボス登場演出
 これは見れば分かるがまんま「ウルトラマン」のOPである。赤バックに黒いシルエットのみの姿で紹介される演出は、過剰な特撮演出として、賛否両論であった。

■モンスターデザイン
 これは基本的にシリーズ全部を通してところどころにあったりするが、一番有名なのは2nd以降の「ラギュ・オ・ラギュラ」のデザインが「宇宙恐竜ゼットン」であるということ。ウルトラマンですら敵わなかった敵として、WAでも最後に立ちふさがるのは当然といえるかもしれない。あとは分かりやすいならばギャラを盗んでいく「カリュプデス」は「カネゴン」に似ていたり。
 また、2ndでは、詳細は同攻略本が実家にあるため確認できないが、特撮怪獣のデザイナーをゲストに向かえ、モンスターをデザインしてもらっている。記憶で申し訳ないが、「エースキラー」を彷彿としたカラーリング&コンセプトの「アームズキラー」などが、このゲストデザインのモンスターだったと記憶している。



 さて、そんなワイルドアームズにゆかりのある特撮の、あるシリーズ最新作として、「ウルトラマンメビウス」が現在放送中なのであるが。
 そう、来週のメビウスは、遂に異次元人ヤプールと、超獣バキシムが登場する! 
 だがなぜバキシムに対して反応をするのか。ではこちらをご覧頂きたい。(注:麻田起奈私的公式ページさん*TOPは18歳以上閲覧禁止)

 これを見て分かって頂けただろう。
 そう、「ウルトラマンA」にてバキシムは、『空を割って』現れるのである!(実際はこのように全身で空を割って出るのではないのだが)
 「空が割れる」といえば、勿論ご存知WAで印象的な冒頭部分である、博覧会開催中の魔族襲撃演出が、空が割れるものだった。また4でも、シェルターの外壁が破られてブリューナクが進行してくる様が印象的だろう。あとはWA3の敵が高次元体であったのも、異次元人の影響があるトカないトカは、個人の想像次第。
 これらもまた、このような特撮のオマージュであり、特撮を楽しめるとWAもより楽しめるのではないだろうか。

 勿論来週の予告を見る限り、バキシムが同じように空を割って現れるのかは分からない。が、超獣と異次元人という設定は生きているし、異次元からの侵攻という設定上、この演出は非常に効果的であり、過去同様使用されると期待するばかりである。
 それに、このバキシムに似たモンスターも、WAにいませんでしたっけ?記憶違いならごめんなさい。

 ということで、9/16のウルトラマンメビウスが楽しみだ!!
 ついでに関係ないことだが、ウルトラマンタロウとゾフィーも出てくるぞ!!

 ……最後はワイルドアームズ話で締めてないな……。まあいいか。^^;

 関連:ウルトラマンメビウス公式(CBC)


 おまけ:↓はウルトラマンAの「バキシム」。かっこいいなぁ。
b0043393_2017155.jpg

[PR]

by far_gaia | 2006-09-09 18:55 | WA


<< ほーほっほっほっほ、見て下さい...      PSU上級職まとめ >>