2007年 08月 09日
司馬懿サザビー、発売であるッ!!
b0043393_22501280.jpg

 という事で、魏をモチーフにした機駕より、軍師:司馬懿サザビーが発売ッ!!
 WA:XFは……ゲフンゲフン。

 早速組んでみましたよ。画像は目&口にのみシールを貼った素組みです。


b0043393_22502443.jpg

 バランスはこんな感じ。見よッ!このかっこいいサザビーの勇姿をッ!!

 といいつつも、不満点はあるもの。一番最初の画像:パケ絵と比較してもらうとわかるのですが、顔はまあいいとして下半身のバランスがかなり違います。キットではここら辺がスマートな印象を与えるバランスになっています。ここは以前このブログで「胴長」と言ったところなのですが、組んでみるとあら不思議。なんかこれはこれで許せちゃいますよ?w

 けれどいつかはパケ絵のようなサザビー然とした下半身のプロポーションに改造したいものです。

 ついでに暴露しますが、実は買ってきた三国伝には今まで手をつけておらず、今回の司馬懿サザビーが初組み立てだったりします。^^;
そこで思ったキットの感想。「ポリキャップ後ハメ構造とは、こんなにストレスなく組めるものなのかッ!!」です。
 BB戦士に限らずポリキャップは普通キットパーツを合わせる際に挟み込む形で組み込んでいくものです。しかしその素材ゆえにかみ合わせが上手くいかない事も多々あり、無理やり押し込んで変形させてしまったポリキャップを、一旦キットを分解して、デザインナイフで整形、今度こそきちんとハメる~なんて経験はないでしょうか。
 そんなポリキャップを意識したはめ合わせをしなくてもいいというのが、こんなに楽だとはッ!例えば烈伝などでもそういうものはあったのですが(子武者など)、このボリュームのキットでほぼ完全なポリキャップ後ハメの組み立てとなると初めてなのです。非常に簡単に作れて、お子様にも安心して薦められる良キットになっておりますッ!(ちなみに「ほぼ完全」というのは、腰&足の一体ポリキャップだけは挟み込みな為)

 非常にストレスなく簡単に組めると知ったので、この撮影の後、速攻で劉備ガンダムを組み立てちゃいました。今は司馬懿サザビーと剣を交えております。w

b0043393_22503719.jpg

 そして左手は例の如くポーズ手のみ付属の仕様。今のところ左手の握り手が欲しい場合にはその欲しい個数分だけ劉備ガンダムを購入するか、パーツ請求しなくてはいけません。この仕様は少し不満有り。シリーズが進めば進むほどハードルが高くなる問題ですので、ちょっと解決の方向を見つけて欲しいところです。

 しかし、このポーズのキマリ具合はなんともいえませんなッ!!こんなサザビーが武者七人衆時代から欲しかったッ!!!
 ・漣飛威(強化武具セット+008サザビー(orGジェネ02 サザビー))
 ・049 ナイトサザビー
 ・057 武者漣飛威
 ・160 砕牙頑駄無(の砕虎導牙(サイコドーガ)=怒嵐漣飛威(ドランサザビー)を作成するためのパーツ)

 時代の流れ、技術の蓄積も勿論ですが、これらのBB戦士サザビーキットを上回る、現在発売されている中では究極のBB戦士サザビーキットになっております。


 「三国伝に限らず、サザビーが好きな人は迷わず買うのであるッ!!」
[PR]

by far_gaia | 2007-08-09 22:50 | 趣味(玩具中心)


<< 無駄アカだけどいいよね?答えは...      目は魂の窓である >>