2008年 09月 17日
PRESS START 2008行ってきましたッ!生オケWA初演ッ!
b0043393_0321619.jpg
 渋谷bunkamuraオーチャードホールにて開催されたゲームミュージックコンサート、PRESS START 2008へ、ERIKAさんから余ったチケットをまわして頂ける事になったので行ってきました。勿論メインは(多分世界だよね?)初演となるワイルドアームズッ!!なるけさんもくるとあっちゃあねッ!!

 スコア本でお顔は拝見してますが、どんな人なのか……。^^


 さて結果はッ!!
 その他の楽曲感想も含めて。
















 ではプログラム順に感想+αを。タイトルはプログラム表記で。


■第一部
・ワイルドアームズ 2nd IGNITION
*詳細:メインタイトル〜バトル・VSロードブレイザー(どんな時でもひとりじゃない)〜
    荒野の果てへ〜1st IGNITION

 感想
 1st IGNITIONなんて聞いてないぞぉぉおお!!!!
 メインタイトルから泣きそうになりw、最後まで鳥肌たってました。内容はふたを開けてみればサントラDisc2ラスト:WA2メドレーに「荒野の果てへ」を挟み込んだような形に。
 演奏後なるけさんが登場しましたけど、生オケ初演という事で泣いてました。:;
 なるけさん自身について、緊張していたのも確かでしょうが(ラストの勢ぞろい時も)オロオロしていたのは素でしょうねー。かわいらしかったです。

 さて演奏、今回私のメインでしたけど一番のダメダメでした。ギターはゲストなのに口笛は主席トロンボーン奏者が演奏、それがまだ上手いならまだしも下手で、後半に至ってはオケとずれまくるというなんともさんざんな演奏に……。
 けど、DQ8もそうでしたがオーケストラでの公式初演に立ち会えた事に意義を感じています。^ー^


 と、PRESS STRAT公式に
>口笛の名手とギターのゲストまで帯同されるそうです!!!!!!!
 ってあるんだけど……。あれえぇぇええ!?!?名手なの!?!?


・スーパーマリオギャラクシー2008
 感想
 タイトルに2008とあるように、この日のための書き下ろし編曲だそうです。予習不足でどの曲だとかはよくわかりませんが非常に奇麗かつ楽しい楽曲でした。今回の中で実際に演奏してみたい楽曲No.1。

・スペランカー
*詳細:スペランカーのテーマ(タイトル)〜地底探検&死亡&クリア
 感想
 先生、死に過ぎです!2回ゲームオーバーになったんだから、最低6回は演奏の中で死んでるはず。w
 企画者の1人(多分桜井さん)に「このステージから落ちるだけで死ぬ」といわしめた先生、「皆さん笑ってくれてかまいませんから」との言葉通り、メインテーマが始まると同時にまず死亡でザワザワ、そのあとも立て続けに死んでクスクス、地底探検が1ループする前にゲームオーバーでタイトル曲に戻るという演出にどっと笑いが。
 この曲で観客のみならず、神奈川フィルも緊張がとけたんじゃないでしょうか。

・逆転裁判
*詳細:御剣のテーマ〜成歩堂のテーマ〜法廷
 感想
 どうやらすぐ後に同ホールで逆裁コンサートがあるそうで「異議あり!」と突っ込まれてましたが、演奏されたのはこのコンサートのための編曲だとの事。
 逆転裁判はオーケストラアルバムも発売されてますから、機会があったら聞いてみると面白いですよ。法廷バトル曲もスピード感はきちんとありますので。^^(CD入手が困難とも聞きましたが^^;)

・サムライスピリッツ

*詳細:男節 日(覇王丸)
 感想
 和風!三味線!って事で三味線奏者さんをゲストに誰が聞いてもサムスピ!な覇王丸を演奏。いやー、あれだけゲームセンターでプレイしててもこういう曲くらいしか頭に残らないのは、作品の「和風」というテイストに頭が飲み込まれてるからなんでしょうね。^^;

・EX:津軽じょんがら節(ニンジャウォーリアーズでもお馴染み)
 と、サムスピだけではもったいないという事で、津軽じょんがら節も披露。サムスピもそうなんですが三味線の技巧は本当凄いですね。凄いシンプルに見えて恐ろしい早さの演奏してたりしますし。
 サムスピというより、三味線を聴きにきた感じの2曲でした。w

・若かりし頃の植松信夫メドレー
*詳細:α-Alpha-〜キングスナイト〜とびだせ大作戦〜魔界塔士Sa・Ga〜半熟英雄
 感想
 キングスナイトが凄くかっこ良かったッ!!!
 αと大作戦は存在からして全然知りませんでした。同時期の「クルーズチェイサーブラスティー」とか「水晶の龍」は知ってるのに……。
 キングスナイトはいわずと知れたシューティングRPG(←個人的呼称:本当はフォーメーションRPGと言うそうです)、半熟英雄は大人になってからしましたが、こちらは子
供時代に結構やりました。いやー、いい曲です。^^
 Sa・Ga、半熟は有名だと思いますので特には何も書きません。w
 しかし、会場にすぎやまさんが来てたんなら、PRESS STARTで半熟英雄(SFC:こちらはすぎやまさん作曲)が演奏される日も近いかも知れませんねッ!!!

・モンスターハンターより「英雄の証」
 感想
 第一部ラストを飾るのはCMでもお馴染みのモンハン曲。かっこいいですねー。「スーパーマン」中世の戦士Ver.みたいな曲と私は思ってます。w
 さすがにスーパーマンは意識してるよね?上の「とびだせ大作戦」が「天国と地獄」を意してるように。

---------------------15分間休憩-------------------------


■第二部
・バテン・カイトスより「光星煌めく旅路の果てへ」
 感想
 何故こんな控えめな人がこんなに激しい曲を?と思わせる桜庭さんが作曲。植松さんも言ってましたが「ゲームでもこんな映画みたいな音楽があるんだぞ」と思わせてくれる壮大な曲です。これはモンハンもあてはまると思います。
 実を言うと、バテンは正直桜庭サウンド(の音色)が苦手な私にとって(今なら良く聴いたり好きだったりする楽曲はありますよ)、初めてスッと受け入れられたタイトルです。なので期待してましたが、期待通りの素晴らしい演奏だったと思います。^^

・Touch! Generations メドレー
*詳細:脳を鍛える大人のDSトレーニング〜nintendogs〜はじめてのWii〜
    大人の常識力トレーニングDS〜ことばのパズル もじぴったんDS〜やわらかあたま塾〜
    英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け〜しゃべる!DSお料理ナビ〜
    Wii Fit〜Wii Sports 
 
 感想
 最初の「脳トレ」のタイトル曲以外知らないものですから、ほとんど曲への感想は言えません。^^;
 MCで「ユーザーもシーンも幅広い、故に邪魔にならない、不快にさせない曲を作るのは普通のゲームより難しい」と言われていましたが、その結果心地よく眠りに近付けたのはここだけの話です。w(本当には寝ませんって)

・イース
*詳細:交響曲「イース」編曲
 感想
 ハネケンこと故・羽田健太郎さんの交響曲「イース」を編曲(本来は全四楽章:約40分の楽曲)したもので、2006年の再演との事。内容も聞き直したら全楽章からいいとこどりの編曲でした。
 この為に予習したんですが、交響曲じゃなくても「イース」はいい曲ばっかりですね。特に「TENTION」「MIGHTY OBSTACLE」「OVERDRIVE」は本当テンションがあがります。
 特に「TENTION」。ベースの動きと中盤の3連符スタッカートで動くところは何度聴いても飽きませんね。
 ちなみに今回の演奏で第四楽章に入ってる「OVERDRIVE」は、演奏されました。^^

・レイトン教授と不思議な町
 感想
 静かで不思議な曲、といいましょうか。そんな楽曲がレイトン教授で使われるサウンドです。
 「謎解きの曲」といってもWeb体験版でしか聴いた事がないんですが^^;、「アンリミテッド・サガの不思議な曲な感じ」といったら誰かには通じますか?アコーディオン、アコーディオン、鉄琴、フルートなどのソロにバイオリンが伴奏をつける感じ。
 こういう曲は大好きな部類に入るので、ゲームがしたくなりました。

・ロックマン2
*詳細:タイトル〜ウッドマン〜エアーマン〜クラッシュマン〜武器ゲット〜
    ワイリーステージ1

 感想
 アップテンポな曲をオーケストラで演奏するとなると、テンポが落ちるのは常。
 「旬」な曲ですし要望も多かったんでしょうが、果たして観客が望んでいたのはこれなのか。皆わかってて聞いてるならいいんですけど。^^;

・ファイナルファンタジーIXより「melodies Of Life」
*詳細:いつかかえるところ〜Melodies Of Life
 感想
 FFコンサートではいつもこの構成だそうですね。歌メインですし白鳥さんをほったらかしに出来ないから仕方ないんですが、最後にファイナルファンタジーを入れて欲しかったところ。(要はエンディングのような形に)
 願望はさておき、(一応の)トリを飾るに相応しい素晴らしい歌でしたッ!!この曲の凄いところは「死ぬ」というストレートな歌詞が入っている事。しかし歌っているのは無限の鎖で繋がれた「続く命」。根源的、だからこそ見逃しやすいものをいつも思い出させてくれる名曲です。
 涙をこらえて聞いてました。

---------------------終了?------------------------




■アンコール
・ソニック・ザ・ヘッジホッグ
 感想
 最近はマリオとも競演しているソニックがアンコールで登場。
 楽曲については知らないかも…と思う人多いかもしれませんが、実はみんな良く聴いてるんじゃないかと思います。
 そう、UFOキャッチャーの音楽って実はソニックのステージ曲なんですよ。(お金入れる前も、アームがキャッチする時も)知ってる人は勿論知ってますね。コンサート会場で「ソニックは知らないけど曲は知ってる」って人は多かったんじゃないかな。メガドラだしね。^^;

 私のソニックとの思い出は「ロッテリア」。
 当時なぜか良く音楽教室の帰りに母らがお茶をするロッテリアのカウンター横に、TVとメガドラが置いてあって無料でプレイ出来たのです。ソニックやりまくってました。w


・MC、そして……?
 MCが始まり最後の言葉を述べているのに、後ろではギターゲストが道々と次の用意を。w
 「と、皆さんももう分かってると思いますが、後ろで用意していますのでもう1曲あります」との言葉の後に

・クロノトリガーより「ファンファーレ」

 そして客席から壇上にあがる人影が。
 そう、光田さんが!!そうして本当のフィナーレが始まりました。
 

・クロノトリガー&クロノクロスメドレー
*詳細:クロノとマール〜クロノトリガー〜カエルのテーマ〜魔王決戦〜
    RADICAL DREAMERS -盗めない宝石- 〜遥かなる時の彼方へ〜時の傷痕

 感想
 いわずと知れた名曲。海外でのコンサート演奏を見た事がありますが、それ以上のボリューム編曲でこちらも鳥肌もの。特に「クロノとマール」と「遥か成る時の彼方へ」がオケVer.ではいいですね。


■総評
 以上で終了しました。
 終わった後にアンケートも提出出来ましたので、次回の演奏希望曲には「PSO」「PSU」「アークザラッド」を書いてきましたよ。^^


 総評として、WAは残念でしたが実に楽しいコンサートでした。特に神奈川フィルの金管はとても安定していてペットがとちる事もなく気持ち良かったです。全体もピッチがきちんと揃っていて演奏はそれぞれですが音としては良かったと思います。DQコンサートだとあまりこうはいかなかったりね……。w

 と、ファミ通,comでレポートあるだろうと思ってみましたが、詳細な演目がきちんと書いてあるじゃないか。自分で書く事なかったか……。orz
 関連ゲーム音楽のオーケストラコンサートPRESS START 2008開催(ファミ通.com)
[PR]

by far_gaia | 2008-09-17 00:26 | WA


<< ホビーとは空間の戦いである      語り尽くせない感動がそこにある... >>