2008年 10月 16日
第48回全日本模型ホビーショー
 さくっと気になったものを数個だけ。^^


■BB三国伝 「翔烈帝劉備ガンダム」参考出品「陸遜ゼータプラス」「張合βザクIII」(シマゾウレポート)
 紹介はMGシナンジュから始まってますが、ページ中程から三国伝が。
 我等が新ホンタイさん事「翔烈帝劉備ガンダム」の見本について。昔は手放しで喜んでいた金メッキを何故かチープと感じてしまったのは何故。まさか劉備がこんなに強そうなのが似合わないとかなのか!?w 
 金メッキ部分をあわせて龍型のアイテム「龍輝宝」になるので、この形態ありきの金メッキなのは画像からも明らかですが、呂布以外のキットにはメッキがない分余計に目立ってしまいますね。^^:

 そして次は、早くから泥人形な試作品が周瑜ヒャクシキと一緒に並んでいた「陸遜ゼータプラス」がやっと正式な形に。背中の2振りの剣以外に大きな槍も。スマートガンモチーフかな?

 さらにいきなりの登場にビックリの「張合β(チョウコウ)ザクIII」。ザクIIIとは言ってますが頭部は三本角ではなく1本角、左肩アーマーの形状からして「ザクIII改」が演者(モチーフ)かな。
 そして兜、下半身、足が司馬懿サザビーの流用と画像から読み取れますね。ホンタイ2?が出てくるとしても、まさか癖のあるサザビーとは。w これらが出る時には物語はどこまで進んでいるんでしょうか。まだまだ三国伝から目が離せませんッ!!


■コトブキヤVOプラモ第二弾は「OMGテムジン1Pカラー」(以下全て「鶏達の日記@AutoPage」さん)
■ハセガワVO新作は「マイザーデルタ」「テムジンFF」
■ハセガワ「マイザーデルタ」パネル画像
 ブキヤOTライデンの次がOMGテムジンとは予想外。もう少しOTで続けると思ったんだけど、人気よりもシリーズの幅広さを全面に押し出した形に。テムジンというのも「一応の」主役機扱いだから当然といえばそうなんだけど、ハセガワ製派生機体の数々を見てきただけあって、嫌いじゃないけど食傷気味。
 OMGは第一世代VRという設定ですし、どうしても今までのキットと比べてしまって面構成に単調というボリューム不足を感じる人も少なくないはず。このイメージを感じる最大の要因になるであろうOMGテムジンの値段は、今後のシリーズを左右するんじゃないかと勝手に予想。
 売れないとOTメインって方向転換になるだろうしね。
 しかしスレッドにもあったんだけど、こんなにバーチャロンのキットが出る事自体、数年前からしたら全然考えられなかったよね……。WAVEは頑張ったけどゴニョゴニョ……。今がとても恵まれた時代なんだなーと改めて思わないとね。

 続いてハセガワVR新金型は順当に「マイザー」。どこまで凶器のごとく尖ってるか見物です。w
 しかし「747-FF テムジン[ファイアフライ]」って全然知らないぞ。なんじゃろこれ?「JV型頭部アンテナ部品新金型」ってあるので、どうやらTCWが鬼性能だった「MARZ」の7474J/Vのカラバリ機の様子。
 

■コトブキヤ新作ゾイドは「カノントータス」「バスタートータス」
 きゃああああ!!!かっこいいいぃぃ!!
[PR]

by far_gaia | 2008-10-16 18:51 | 趣味(玩具中心)


<< プラモが罪なわけじゃない      PSU追加アップデート 願望×... >>