カテゴリ:Music:OML( 46 )

2011年 12月 16日
Music :OML 066 PS版「ソウルエッジ」OP


 R4のOPの凄さを見ていたら「ソウルエッジのOPも凄かったよなー。中古で500円とかで売っててもOPだけでその価値があると友達といってたもんな」というのを思い出したので紹介。

 これがR4(1998年)の2年前、1996年の作品なんだから凄いわぁ。
[PR]

by far_gaia | 2011-12-16 15:59 | Music:OML
2011年 12月 16日
Music :OML 054〜065 R4 -RIDGE RACER TYPE 4-
 先日ジュザさんが作業用BGMをご所望だったと思うので、R4推しで詳しく紹介してみる事に。
 埋め込み動画多数で表示が遅れるかもなので畳みますが、是非全部聞いてみてください。




 色々状況を突っ込むのは置いておいて、とにかく音楽と映像がうまく合ってるOP。
 私が特にお勧めするのは永瀬 麗子がトンネルから出てきた直後のステアリング→メーター→ドリフト。
 安心の音楽シンクロ率に、正直に当時実写じゃね?とすら思ったほどの映像クオリティ。最高です。

 まずは3曲、ストーリーモードの曲を。
■TURN THE PAGE


■ON YOUR WAY


■GARAGE TALK


 この3曲では「GARAGE TALK」がお気に入り。一番聞くからってのもありますね。

 では、ここからはサーキット音楽を連続で。

サーキット曲はこちらをクリック
[PR]

by far_gaia | 2011-12-16 15:54 | Music:OML
2011年 09月 23日
•Music :OML 053 ready!!(アニメ:IDOLM@STER OP)





 久々の更新です。徐々にペースを取り戻…せたらいいな。^^;


 さて、それ自体も久々なOMLから今日はアニメ「IDOLM@STER」よりOP「ready!!」です。
 上がアニメOP、下がFullVer.になりますが、ピッチが違うのが仕様なのか否かは不明です。調べたら1/4音FullVer.の方が高かったです。個人的な考えでは、よくテンポが違う(OPカットの方が尺の制約分早い時がある)事はありますが、ピッチまで違うのはあまりないかなー…とは。
 同じくyoutubeにあるカラオケVer.はアニメVer.のピッチですしね。


 さて、非常にキラキラして、パワーがあって、元気を貰える曲になっています。
 ブリッジからサビの部分なんて、清々しいカッコよささえ感じるさ!
 ゲーム未プレイの私でさえ知る「GO MY WAY!」と同じ神前暁による作曲ですが、この曲をもって長期休養されるとの事。ぜひ元気になってもらいたいですね。


 アニメの方はいよいよ来週ライブです。
 ラストに向けて盛り上がってきた!!と思ったら……え、2クールなの?
 ここからまだ13話ある事に少し不安がありますが、新OP「CHANGE!!」ともども楽しみに待っていようかと思います。
[PR]

by far_gaia | 2011-09-23 12:31 | Music:OML
2011年 04月 01日
Music :OML 052 花(俺の屍を越えてゆけ)


 一言でも書いたしせっかくなのでご紹介。ゲーム「俺の屍を越えてゆけ」より「花」です。
 個人的には始めて出会ったのが着メロでしたのでどうもボーカル声に完全に慣れずインストVer.の方が好きなんですが、歌詞はなかなかストレートに命を花に例えてその力強さと儚さを表してると思います。

 ファンタジーとはいえ時代劇風、それにギターとくると「鬼平」のジプシーキングスに通じるものを感じますね。
[PR]

by far_gaia | 2011-04-01 14:40 | Music:OML
2010年 11月 08日
Music :OML 051 Aesthetic(医龍)


 「医龍」3曲目です。語りたい事は1&2曲目の記事で書いちゃったので、そちらを是非見てください。


 世間的には、こちらが一番ヒットしたそうですね。
 
[PR]

by far_gaia | 2010-11-08 16:50 | Music:OML
2010年 11月 08日
Music :OML 049&050 Dragon Rises/Red Dragon(医龍)






 久々に更新できましたね。今日はずっと延期になっていた「医龍」の話題を。勿論音楽なのですが。

 このドラマは再放送で見たのですが、キャラ設定(とはいえ朝田&荒瀬が全てもってってますが)とハード&癒しの音楽、色んなものが極端で非常に個性的なドラマで楽しめました。現在、「医龍3」も放送中であります。


 まあ、ドラマの話題は振られたら語るとして、このドラマの作曲家は澤野弘之さんという方。
 この「医龍」で有名になったといっていいようです。 皆さんも「医龍」は見た事なくても、特に「Red Dragon」は報道やどこぞのコーナータイトル曲に使われてたり、耳にしているんじゃないでしょうか。


 そして、私の仲間の皆さんなら、最近凄く澤野さんの音楽を聴いてるはずなんですよ。

 そう、「ガンダムUC」の作曲家さんなのです。

 劇的なシーンを演出する楽曲は、聞き比べると確かに澤野さんの色を感じますよ。^-^
 例えば「UNICORN」なんてモロ色が似てますしね。

 「ガンダムUC」の曲はamazonのサントラ販売ページで試聴も出来ますので、下のインタビューにも「ON YOUR MARK」など紹介されてますから、聞いてみてはどうでしょうか。
 関連:澤野弘之(Wikipedia)
     機動戦士ガンダムUC音楽担当 澤野 弘之氏インタビュー(ガンダムUC公式サイト)
[PR]

by far_gaia | 2010-11-08 16:41 | Music:OML
2010年 08月 22日
Music :OML 047&48 創聖のアクエリオン/Go Tight!(創聖のアクエリオン)

 *残暑はさらなる熱さでふっ飛ばせ!! 王道燃えアニメ曲;ラスト3&4曲目ッ!!

 ラストは”あなたと合体したい”で一躍ブームになった「創聖のアクエリオン」よりOP1&2『創聖のアクエリオン』と『Go Tight!』です。
 菅野よう子さん作曲で、非常に幻想的かつパワフルに仕上がってますね。
 作詞の岩里祐穂さんは菅野さんとよく組んでおられる方だそうで。ふむふむ。
 両曲とも凄いインパクトを持つ歌詞ですよね。特に『創聖のアクエリオン』のヒットは特に歌詞にあると私は思ってます。

 『Go Tight!』の方は最初曲の疾走感にやられるんですけど、だんだんと歌詞に引き込まれるというか。

 う〜ん、どっちも大好きです!



 ではラストに、抱えるのに2本の腕じゃ足りないくらい溢れ出すパッションをッ!


[PR]

by far_gaia | 2010-08-22 22:37 | Music:OML
2010年 08月 22日
Music :OML 046 真っ赤な誓い(武装錬金)

 *残暑はさらなる熱さでふっ飛ばせ!! 王道燃えアニメ曲;2曲目ッ!!


 我が心の絵の師匠:和月伸宏先生原作のアニメ「武装錬金」よりOP『真っ赤な誓い』です。
 最初のコーラスでゾクゾクするねぇ。

 皆さんもご一緒に!
 ♪〜この〜手〜を はーなーす もーんかー〜♪
  真っ赤な 誓いッ!!
[PR]

by far_gaia | 2010-08-22 22:19 | Music:OML
2010年 08月 22日
Music :OML 045 勇者王誕生!(勇者王ガオガイガー)

 *残暑はさらなる熱さでふっ飛ばせ!! 王道燃えアニメ曲;1曲目ッ!!

 今日は有名どころをどストレートにご紹介!

 「勇者王ガオガイガー」よりOP『勇者王誕生!』です。
 数あるバリエーションの中でも、やっぱり曲のバランスは最初が一番ですね。^ー^
[PR]

by far_gaia | 2010-08-22 22:03 | Music:OML
2010年 08月 14日
Music :OML 043&44 ありがとう/風のランナー(大きく振りかぶって/冒険王ビィト/SunSetSwish)

 *今日はアニメタイアップのJ-POPを。3&4曲目ですよ。


 さて、ジュザさんが名曲『モザイクカケラ』を紹介してくれましたので、こちらが紹介するsun set swishは「大きく振りかぶって」より、ED『ありがとう』です。(少し音と動画がずれてます)


 「おお振り」の世界観に合った、青春を大切に抱き前に進むような名曲だと思いますね。

 ♪~届かなくても追いかけて~♪

 からの導入はゾクゾクしますし

 ♪~頑張る事が辛くても 走りだせるから
   きっと きっと あなたのように~♪

 なんて胸が締め付けられます。うん、いい曲だッ!!

 
 同じような曲で、こちら『風のランナー』も忘れてはいけません。



 タイトルでは文字数の関係で省略しましたが、正式には「冒険王ビィト エクセリオン」のED曲です。

 やっぱり「胸の奥にしまった大切なもの」がテーマなのかな。哀愁を感じます。



 そう考えると『モザイクカケラ』も綺麗だけど物悲しい。

 だけどふとその輝きを見て笑顔がこぼれる。


 【sun set swish(夕暮れ時)】ってそういうものだよね。
[PR]

by far_gaia | 2010-08-14 16:47 | Music:OML