カテゴリ:音楽( 35 )

2010年 08月 28日
明日の【大人気ゲーム音楽SP】を忘れずにッ
先日記事にしましたが、いよいよ明日なので改めて。

明日8月29日の『題名のない音楽会』(テレビ朝日系8:30~9:00)は、【マリオ・ドラクエ・FF ~大人気ゲーム音楽SP】!
 すぎやまさん、植松さんが出演だよ!!



 30分でなく、2~3時間のSPでやってくれないかなぁ。無茶苦茶言ってます。m(._.)m
[PR]

by far_gaia | 2010-08-28 22:10 | 音楽
2010年 01月 03日
時の子守唄
 駅伝も東洋2連覇で終わりテレビのチャンネルを適当にまわすと、DQ6エンディング曲「時の子守唄」がアニメから流れてきたのでビックリッ!
 見ると「劇場版:科学忍者隊ガッチャマン」でした。


 元々DQ6「時の子守唄」は書き下ろしではなく、本アニメの「時の子守唄〜レッドインパルス」というレッドインパルスこと、大鷲の健の父の最後を演出する劇中曲だったものを再編曲したもの。
 細切れで扱われたため、いつかきちんと使いたいと常々思っていたすぎやまさんが、DQ6のシナリオを読み「これだ!」と使う事を決めたそうな。
 (確かにレッドインパルスのシーンでメインモチーフ部、ラストシーンで中間部と細切れにはなってました。)


 そんな概要は知っていたんだけど、本物は初めて見たんです。ガッチャマン自体もきちんとは初めてみたので楽しかったですよ。色々凄い物語だった…。
 しっかし、まさかここまで曲がそのままだったとは。w
 メロディ構成、オケ編成、どれもDQ6版そのまま。転じて、この曲がいかにすぎやまさんにとって会心の曲だったかが分かります。

 同時にこの映画版、どの曲もすぎやまテイストたっぷり。
 劇中インスト「ガッチャマンの歌」すら、ミディアムテンポ+オーケストラで、誰が聞いてもすぎやまさんだと分かる仕様に。w
 サントラがあるなら聞いてみたいもんです。




 いやー、ハチの巣になったジョーがその後随分と動けたのは凄かったな。w
 理屈じゃない、感じろ!ですね。
 ブラックがこういう役回りなのと「鳥人戦隊ジェットマン」のオマージュとは、そういう事なのかーとも感心。


 そして「ガッチャマンII」なんてあるのか。ふむふむ。

…。

……。


え、サイボーグ?
[PR]

by far_gaia | 2010-01-03 22:41 | 音楽
2009年 01月 25日
大島ミチルと中川幸太郎とマーク・大喜多
■先日一言だけ触れたけど
 OPに特に引き込まれた「天地人」。気になって作曲家を調べてみたら大島ミチル(Wikipedia)さんという方だった。

 すると多くの場所で活躍している方で、第5回東京アニメアワード音楽賞まで受賞していた。
 「豪快なオーケストレーションが持ち味」とあるところが、一般よりも楽曲の構成にディフォルメが効いていると思う吹奏楽にダブったし、ドラマやアニメの仕事も、情景をより演出するためのディフォルメされた楽曲が効果的なはずだから、もろ好みな楽曲を作る人ようだと納得。
 彼の作品群から敢えてアニメなど選ぶと、ゴジラとかリューナイトとかハガレンとか。

 ハガレンが出たのでなんとなく書いておくと、ガンダム00の後番組「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」は、大河ドラマ「風林火山」、そして「機動戦士Vガンダム」などのコンポーザー、千住明(Wikipedia)さんだそうですよ。



■カメンライドッ!
 で、次に今日から始まった「仮面ライダーディケイド」
 「Gacktのうなるような低音に痺れるゥ!」とか「やっぱカブトいいッ!」とか、「バックルアクション、レンゲルみたいでいいねえ~」とか「バジンッ!?」と第一話だけあって取り留めなくあるんだけど、今回の御題はバックミュージック。
 作曲家はアニメ「ロックマンエグゼ」や特撮だと「電王」「キバ」を担当した鳴瀬シュウヘイさんだそうだけど、注目は編曲家。


 これが「スクライド」「ガン×ソード」「コードギアス」でお馴染みの中川幸太郎(Wikipedia)さんなのだッ!


 こちらもブラスやギターをかっこよくキメる漢気溢れる!?楽曲を提供してくれる大好きな人。特にディケイド変身~カメンライド:ファイズ前までの戦闘~廃墟の2曲は分かりやすい。当然ガッくんのOP「Journey through the Decade」も編曲しているし、特撮にも「轟轟戦隊ボウケンジャー」などで既に活躍済。
 約2クール:30話がさらにアッという間に経ってしまうだろう。楽しみ過ぎる。



 以上、音楽から番組の期待度を語ってみました。 



 最後に。
 ディケイドライバーの声、マーク・大喜多さんはフイタ。w
 「逃走中」好きなのよ~。
[PR]

by far_gaia | 2009-01-25 21:01 | 音楽
2008年 09月 28日
ERIKAさんへの回答
 「某動画では何を見るの?」とERIKAさんと話したのでメールではなくここで回答を。
 あとは興味のある知人が見てくれれば。

 なんというか「何をみるの?」より「なにをきくの?」が正しいかな。

と言う事でこちらから
[PR]

by far_gaia | 2008-09-28 00:59 | 音楽
2008年 09月 12日
語り尽くせない感動がそこにある:シルク・ドゥ・ソレイユ「ZED」
b0043393_017554.jpg

 「ああ、もう終わってしまうのか……。」

 この言葉が全てを物語っています。本当に素晴らしかったッ!!どこまでも語りたくなりますが、本当は是非見て欲しい。この興奮を正確に伝えられる人はいないんじゃないかなと思うくらいです。公式HPで席の場所によって違う楽しみがあるとありましたがそれは嘘ではない、そう確信しました。

 個人的には【まずレギュラーで全体像を掴む】、そして【フロントorプレミアビューで楽しむ】という2回以上見るのが理想ですね。フロントビューとプレミアビューもかなり違った印象を受けると思いますよ。
 オーバービューはお勧めしません。レギュラービュー後列くらいまで低い天井がきてしまってますので、せっかくの舞台を狭く感じてしまいます。


 当日の詳細は続きへ。
 けどたいした事は書けてません。ネタばれ極力したくないので話せる事が。w


 いやあ、父とのデートになってでも行ってよかった!!
 音楽も素晴らしいです。下手なコンサート行くお金あったらこっち見たほうがいいかもなんて。w

では、伝えきれてませんが感想をどうぞ
[PR]

by far_gaia | 2008-09-12 23:43 | 音楽
2007年 10月 05日
ゲーム音楽オーケストラ 定期演奏会
■コスモスカイオーケストラ第一回定期演奏会 10/8練馬にて 入場無料
 INSIDEの記事から曲目を書かせて頂くと
■オーケストラステージ
 ・序曲のマーチ(ドラゴンクエストV)
 ・街角のメロディ~地平の彼方へ~カジノ都市~街は生きている(ドラゴンクエストV)
 ・戦火を交えて~不死身の敵に挑む(ドラゴンクエストV)
 ・結婚ワルツ(ドラゴンクエストV)
 ・バトルメドレー(ファイナルファンタジーVII)
 ・ザナルカンドにて(ファイナルファンタジーX)
 ・交響曲「希望」(ファイナルファンタジーXII)

■ライブステージ
 ・メインテーマ(ファイナルファンタジーV)
 ・ノーマルバトルメドレー(ロマンシング・ザ・ガ)
 ・マリカーメドレー(スーパーマリオカート)
 ・スウィングマリオ(スーパーマリオブラザーズシリーズ)
 ・予感~クロノトリガー~時の傷跡(クロノトリガー)
 ・親しき仲間へ~遥かなる時の彼方へ(クロノトリガー)

ほか


 ドラクエはすぎやまさん指揮のキチンとした演奏会が毎年何回も公演されてますから聴ける機会は多いですが、FF、任天堂楽曲のオーケストラコンサートはあっても数年に一度くらいなもので、ロマサガにいたってはほぼ皆無。これらが演奏曲目に加わっているだけで大きな価値があると思います。
 新しく出来たオーケストラですし、その実力など不安要素がないとはいいませんが、行ければいいなーなんて思っています。


 ただ。


  開催場所の練馬文化センター公式ページでは収容人数1,486人となってるんですが、全席自由で大丈夫なんでしょうか。

 比較対照として東京芸術劇場大ホールをあげてみます。こちらは近年は毎年「ファミリークラシックコンサート ドラゴンクエストの世界」が演奏される会場で、収容人数1,999人です。
 こちらは演奏タイトルによって左右されるところもありますが、前売り券販売初日から多くが売れ、早くに完売になるケースもざらと思います。色々な要素はありますが、こう毎年行われるドラクエコンサートでもこの状況なのに、FF・ロマサガ・任天堂ファンまで加えると、集まった人数がホールのキャパシティを超えるのではないかと。
 FFもイベントに近い形でコンサートを何度かしてますが、即日完売の勢いでチケット売れてましたからね。

 何かのイベントのように、固定会場にお客が入れ替わり立ち代りしていくものと違い、演奏は1回のみ、1,500人オーバーしたらどうするつもりなのか。
 そこがこの演奏会での一番の不安なんですけど……。


 行ってみたいですねぇ。(*・ω・*)
 何時間前に行けばいいのやら。(´・ω・`)




追記
■東京ファンタジックブラスバンド 10/7 第二回定期演奏会 入場無料
 開催場所:横浜みなとみらいホール/小ホール
 ■演奏曲目
  ・FF6「決戦」
  ・FF5「ビッグブリッジの死闘」
  ・星のカービィ「グルメレース」
  ・ロックマン2「ワイリーステージ」
 他



 こういうバンドは色々あるんですね。まだ調べたらあるんだろうな。このこちらの吹奏楽の選曲は、なんというか色々と狙いすぎて「高校の定期演奏会」のカホリがしますが^^;、近い場所で演奏会があったら行って見ると面白いと思いますよ。

 しかし、こちらのブラバンは小ホールでOKってことは、俺が危惧していた事は杞憂に終わりそうかな?
[PR]

by far_gaia | 2007-10-05 23:43 | 音楽
2007年 07月 13日
ドラクエソードの音楽と これからのドラクエ音楽
■Wii クリエイターボイス:堀井雄二 「ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔」
 堀井さんのインタビュー他、各所にあるリンクをクリックすると動画が見られます。また、右メニューにはCM&プロモのリンクも。

 で、この動画の中で試遊した人以外では初めてかな?戦闘曲や町の音楽など、劇中曲が聴けます。

■戦闘曲:「モンスター」動画でのみイントロが、その他多くの動画にて。
■必殺剣:「必殺剣」動画にて。戦闘中、必殺剣入力時に音楽が変わる。
■街:「自由に移動」動画にて。
■教会:「あだ名で呼ぶ」動画にて。既存曲「賛美歌に癒されて」(DQVIIIより)
■フィールド:「渓流下り」動画にて。

 
そこでちょこっと感想を。


 何故いまさら感想を書く必要があるのかというと、今回の「ドラゴンクエストソード」はすぎやまさんが全ての曲を作るのではなく、ロックマン1,2などを作った松前真奈美さんとの共作だからです。

 悪い方に考えれば教会など既存の曲だったりしてますから、これを今作品の「すぎやまさんの担当」とも取れるわけで、結局どんな割合でなのかは分からないのが不安な部分ではあります。^^; というか、松前さんの作風をまず知る事から始めたかったりしますが、とりあえずあれこれ考えるよりは、聴いたものの感想をー。

■戦闘曲
 最初聴いた時は「ん?すぎやまさん?」と思っちゃいました。結構素直な戦闘曲だったもので。オーケストラVer.を考えた時もなんか素直すぎたんですよね。(言い方変かな)
 けれど多く聴けるストリングスが下がってくる旋律の部分の構成とか、なによりイントロのコードとか聴くと、やっぱすぎやまさんかなーと思います。

■必殺剣
 う~ん、なんとも言えません。w 聴ける部分が少ないのでちょっと判断しにくいですね。
 曲が変わるのは戦闘の流れを止める考えもあったと思うんですが、体感入力なWiiではコマンド入力に集中して欲しいゆえに割り切ったのと、そして「必殺」という演出とでこっちを選んだのかなーなんて。

■街
 ゆったりないい曲です。振り返ったあたりからのメロディも綺麗でなじんでますよね。

■フィールド
 実は「渓流下り」のほかに「モンスター」動画でも聴けますが、2秒ほどしかないので最初の紹介には入れませんでした。w
 もしかしたらですが、2つの動画のフィールド曲は違う印象を受けますので、何種類かフィールド曲があるか、な?なんて予想。


■総評
 特別問題なしッ!世界が壊されている印象はいまのところありませんので、非常に楽しみです。そりゃあWiiがないからプレイはERIKAさんに任せるとして、音楽ですよ。w




 しかし、反射的にある聴き方をしていて「そういえば…」と思ってしまったのが「ドラクエコンサートにおいての演奏」。

今までは全てすぎやまさんが自身の曲を編曲・演奏してきたわけですが、今回は共作なわけで、少なくとも演奏するとなると全てがすぎやまさんの曲ではなくなります。
 また、すぎやまさんは近年オーケストラVer.のCDは「スギレーベル」という自分のレーベルから販売しています。ここら辺の問題は……まあ正当な手続きとれば大丈夫か。^^;

 そしてやっぱり気になる「これからのドラクエ音楽」。
 シリーズがこれからも続くならば、いつかは誰か違う方が作曲する事になってしまうのですが、その方にも是非「身近なオーケストラ」としてオーケストラ編曲も含めた作曲をして欲しいですし、ドラクエコンサートも続けて欲しいです。
 けど、多分いざやるとなるとほぼドラクエ専属の作曲家になっちゃうでしょうし、既存のゲームコンポーザーからそういう人が選べるかと言えばあまり想像が出来ません。(勿論すぎやまさんのイメージが強すぎるのもありますが、全曲オケアレンジなんてしてる人、いないでしょ?)


 私の音楽道を支えてくれたゲーム音楽だけに、これから数年は期待と不安が入り混じったものになりそうです。
[PR]

by far_gaia | 2007-07-13 07:15 | 音楽
2007年 07月 04日
萌え×燃え
■アイドルマスター XENOGLOSSIA 1~13話 7/9 17:00まで無料配信中
 ゲームとはまったく設定の違う本編、4話ほど見させて貰ったんですがアニメ自体の感想については今回別の話。本題は主題歌です。

 この系統はいわゆる「萌え燃えソング」と呼ばれるものでしょうね。特に女性キャラが多く登場するアニメにおいて、女性ボーカリストが歌う一方その曲調はアップテンポでかっこいい、作品自体(特にキャラクター)の「萌え」と曲の「燃え」のイメージの融合。それこそこのサイト的に言えばWA5でお馴染みの水樹奈々さんだって、こういった曲の有名なアーティストさんですよね?多分。(金子氏も大好き「魔法少女リリカルなのは」シリーズとか)

 今回の「アイドルマスター XENOGLOSSIA」のOP『微熱S.O.S!!』を最初聴いた感想は「うわ……すっごい『1000%SPARKING!』だなぁ……」でした。オケヒの使い方、サビ前の挿入、締めに至ってはまったく同じといってもいい。ここまで似せていいもんなのか?と思ったものですが、調べたらなーんてことはない、『1000%SPARKING!』の作・編曲者と『微熱S.O.S!!』の編曲者が同じ「大久保薫」さんという方でした。
 関連:大久保薫(wikipedia)
     松田聖子や倖田來未にも楽曲提供、さらに現「ドラえもん」3rdOPも編曲って凄い


 うちはこういう女性キャラ中心のアニメはあまり見ませんし、それゆえ歌も多く知っているわけではありませんが、常々私が好きといっている「ギャップ」の典型として、こういう方向性は大好きです。武装している女性キャラ設定とか大好きですから。これも歌ではなくキャラとしての「萌え×燃え」でしょ?ベタベタな例を言えば学生服に日本刀とかチビッ子にバズーカとか。w

 そんな中、私のNo.1萌え燃えソングはゲーム「ギャラクシーエンジェルII 絶対領域の扉」よりOP「Wing of Destiny(富田麻帆)」です。
 ブロッコリーという先入観と、正直に言えばキャラクターとしては別にどーでもよい(酷い^^;)GAIIをして期待も興味もなかったんですが、それゆえ出会った時の衝撃は凄まじく、いまだに私の心の中で1位を守っています。
 
 こういう歌ばっかり聴くのも疲れるけど、いい曲も多いと思いますからアニメ自体は観なくてもいいので!?、アニソンは皆さんもチェックしましょう。w



 ……しっかし、「萌え」って打ち込むたびにドッと疲れが出ます。音楽に関してだけでいいから何か別の呼び方ないかなぁ。

今日の気になった事
[PR]

by far_gaia | 2007-07-04 22:29 | 音楽
2007年 06月 24日
題名のない音楽会21:吹奏楽の魅力
■「題名のない音楽会21」 2007/06/24放送 「アキラさんの大発見!シリーズ~(1)吹奏楽の魅力」
 詳細とこれから先の記事は↑のリンク先を参考にしていただくとして、リンク先でも紹介されていますが、改めてアキラさんこと宮川彬良さんの事をごく簡単に書いておきます。
 宮川彬良さんはお父さんに「宇宙戦艦ヤマト」や「ズームイン朝!」の曲を作曲なされた宮川泰さんを持つ音楽家で、本人も「マツケンサンバII」やアニメの作曲などなさっています。現在有名なのは、NHK教育で放送されている「クインテット」という番組の出演でしょう。この番組はガルさんもお気に入りの番組ですね。
 関連:宮川彬良(wikipedia)
     NHK教育「クインテット」 公式サイト

 さて、そんな宮川さんが大発見シリーズとして今回紹介するのが「吹奏楽」。演奏は宮川さんイチオシな大阪市吹奏楽団(吹奏楽DAhhhhhh-n(吹奏楽ダーーーーン!))です。以下本文は、上記「題名の~」のリンク先を参考に進めていきます。


■M-1&2
 マーチングのようなスタンディング+αでの演奏で送ったゲバゲバの曲も楽しければ、宮川さん作曲の吹奏楽曲「Fun,Fun,Funtastico!」もラテンな楽しい曲でした。
 音楽用語だとFuntastico!のノリは「SHOW TUNE」というものらしいです。OVERTUREのワクワク感を感じさせるものとの事。
 Funtastico!が短かったのは編曲なのかな?是非きちんと聴いてみたいものです。

■M-3
 懐かしい「ズームイン朝!」のテーマ曲。毎朝うちはこの曲で始まったものです。とそれはいいとして、これを作曲したお父さんの凄いところとして、「ブラジル」などに代表されるラテン曲のバックメロディを、そのまま主旋律にしてしまった事だそう。なるほど、ホイッスルで始まる「ズームイン」にラテンを感じられるのはそのままなのですねー。
 そしてこの手法をそのまま自身の「マツケンサンバII」にも使っているとのことでした。
 ここまで、さながら定期演奏会の第二部ってとこでしたね。w

■M-4
 そして吹奏楽といったらのマーチ編曲でのメドレー。


 非常に長く感じられましたがあっという間の30分でした。楽しかった。
 来週は今週の続き:第二弾として「吹奏楽の可能性」をテーマにお送りするそうです。公式TOP→放送内容で曲目もチェックできます。少しでも興味を持たれた方は、来週日曜朝9:00~テレビ朝日をお見逃し無く。
[PR]

by far_gaia | 2007-06-24 23:48 | 音楽
2007年 06月 04日
訃報:羽田健太郎さん 死去
■ピアニストの羽田健太郎さん死去
 個人的に最近の相次ぐ訃報の中で一番ビックリしました。本当にショックです……。

 ほぼいつも見ている「題名のない音楽会21」では元気に活動されていたのに……。今週見逃したのが本当に悔やまれます。そして全然知らなかったのが申し訳ないですが、4月頃から体調は良くなく、記事によると5月中旬から入院していたそうです。なんとガンだったとは。

 享年58歳。若いです。若すぎます。
 その明るく楽しませる性格から、番組を通して「楽しいクラシック」をとても広めたと思います。

 「渡る世間は鬼ばかり」などの活躍もありますが、加えて私が趣味とするアニメや特撮、ゲーム等でも活動なされていましたね。
 ・「超時空要塞マクロス」
 ・「名探偵ホームズ」
 ・「爆竜戦隊アバレンジャー」

 聴いた事はないんですが、「ウィザードリィ」も超有名でしょう。


 本当に惜しい人が亡くなりました。
 謹んでご冥福をお祈りいたします。

 関連:テレビ朝日 「題名のない音楽会21」 公式サイト
     羽田健太郎(wikipedia)



 はぁ……「題名のない音楽会21」の司会はどうなるんだろう。青島広志さん辺りもなくはないですが、ちょっと個性が万人受けではないかもしれないし。全然想像出来ません。
 そして失礼な言い方ではありますがすぎやまこういちさんも齢76なんですよね。やっぱり今年のコンサートチケット、買うべきだったかな……。
 すぎやまさんも、すぎやまさん無き「ドラクエ」は正直考えられません。本当長生きしてください。切に願います。





今日の気になったこと
■石立鉄男さん葬儀に90人
 私には「エースコックのわかめラーメン」のイメージが一番強いです。晩年はTVで全然見ませんでしたけど、出演ドラマはちょこちょこは見た事がありますし、凄く個性的で印象の残る俳優さんでした。
 謹んでご冥福をお祈りいたします。

■女の子の体をおさがししよう!! 『ちゅ~かな雀士 てんほー牌娘 Remix』(ファミ通.com)
 「ちゅ~かな雀士」って名前からしてイラストには何にも違和感はなかったので記事スルーしそうになったんですが、このソフトがタッチペンなDSで出るってんだからビックリです。
 私はDSで色んなソフトが出る事、任天堂が許す事はハードとしてはいいと思いますが、問題とかにもなり得るものですから、きちんとした販売(年齢制限など)や、買い手の家庭自身もきちんとした自己防衛をお願いしたいです。
 責任は片一方に押し付けるものではなく、両方で注意していくものです。
[PR]

by far_gaia | 2007-06-04 23:47 | 音楽