2010年 04月 27日
とうとう明かされるルフィの過去
 とうとうルフィの過去編です。仲間は皆『過去』にあった何らかの代償を背負い、それを乗り越えて一味と共に笑ってきたわけですが(ウソップはカヤの一件以外にありました?)、今まで語られる事もなく何もなかった?ルフィに、最大の代償である『エースの死』が訪れました。
 ルフィがこれをどう乗り越え、再び皆と一緒に笑えるようになるのかが、これから楽しみなところです。


 さて少し考察。

 ダダンが出てきましたが、肩書は『一家』棟梁。という事は以前から話に出ていたダダンは、カーリーではなくて彼女の子供じゃないかな?
 下手すりゃ、『サボの件』と合わせて「サボ・ダダン」とか出てきたりして。

 あー、けどONE PIECEの世界は日本と同じく【苗字・名前】でしたねぇ。モンキー一家とか見れば。

 加えて、確かウォーターセブン編後に上がった懸賞金手配書が各地を巡る描写で、フーシャ村の村長が『この事をダダンは知っとるのか…』(ダダンの名前初登場)などと言っていたから、ダダンは生きている可能性が高い。
 対してサボは『悔いのない生き方をする』や『俺は死なない』とエースが言っている事から、死んでいる可能性が高い。
 相いれませんねぇ。

 やはりダダンは棟梁である彼女を指し、その(預かった血縁のない?)子供がサボ、が一番有力か?



 あとルフィの話題とはずれるのですが、ジュエリー・ボニーの先週の発言『すべてあいつのせいだ…』という台詞。
 これ、黒ひげへの言葉というのはどうでしょう。

 ボニーの悪魔の実の能力は『人の年齢を操る』事。喰らった人間を老人にも、子供にだって出来ます。
 じゃあ、もし黒ひげが子供にさせられたうえでそのまま成長したら……それは『人の倍生きている』事になるのでは!?

 白ひげの死に涙していた事からも白ひげ海賊団と何らかの関係があるのは明らか。つまり黒ひげと接触している可能性も高いです!


 ……。

 まぁ、ボニーと黒ひげの年齢差から考えてこれはナシなんですが。あってもボニーの親が同じ実の能力者とか!w

 今まで悪魔の実の能力が親から子に移る・過去にいた能力者と同じ実の能力者が生まれる、なんてケースはないので、そんな事があったら面白いなーと思ったりしたのでした。

 簡単に皆が想像する事なら、ボニーが白ひげに守られた島出身である事ですよね。
 それでも海賊団との接触=黒ひげとの接触がないわけはではありません。
 はたして!?w


 ブログでめったに話題にはしませんが、他にも語り合いたい、想像したい複線がいっぱいで、ONE PIECEは楽しいですよねー。\(´▽`)/
[PR]

by far_gaia | 2010-04-27 22:54 | 趣味(漫画・アニメ中心)


<< 嬉しい旧友との再会      MAがMAたる意義 >>